医院ブログ

2018.07.25更新

日本の夏は温度・湿度とも高いため、この暑さと湿度に何とか抵抗しようと生体は熱を逃がして体温を一定に保とうとする防衛本能が働きます。この時必要以上のエネルギーを消費しかなりの負担に耐えることになります。とくに冷房の効いた室内と、高温・多湿の屋外を出たり入ったりで、温度差が5℃以上になると体は強いストレスを受けます。
 
 このように夏ばては自律神経のバランスの崩れや消化管の機能低下による消化吸収と食欲不振で必要な栄養素が不足することで様々な症状が現れてきます。この問題を改善するためには、環境を快適にするのはもちろんですが、消化管の機能の改善と自律神経のバランスの改善が必要になってきます。また、夏ばての症状は夏の期間だけではなく少し遅れて涼しくなったこの時期に自律神経失調症のような症状が出る場合には夏ばてと考えて対処することが望ましいと考えます。

夏バテには清暑益気湯が有効です。

漢方

投稿者: 狛江外科胃腸科医院

2018.07.22更新

腸を構成する小腸や大腸に常在している正常な細菌叢{そう}(微生物群)。腸内細菌叢ともいう。腸管細菌叢も同義として扱われることが多く、広義には食道、胃、十二指腸までを含めて考える。常在する細菌の構成(腸型)をエンテロタイプとよび、これらの細菌のほとんどは大腸に常在し、回盲弁(小腸から大腸へつながり、大腸からの逆流を防ぐ役割をもつ弁)から遠い大腸の遠位部になるほど多くみられる。その種類は100種以上ともいわれ、おもに病原細菌の侵入を阻止すると同時に増殖を抑えるように働くが、腸の疾患や感染症の原因となることもある。大腸内は、口腔(こうくう)内にも存在するバクテロイデス属Bacteroidesと、ビヒダス箘(ビフィズス菌)と総称されるビフィドバクテリウム属Bifidobacteriumなどの細菌で占められているが、腸内細菌の構成は食事の内容や体調に左右され、また加齢に伴う変化もみられる。ビヒダス菌などの常在細菌は、共生あるいは互いに拮抗して腸内のバランスを保ち腸内環境を整えるように働くが、ひとたびバランスが崩れると下痢や便秘、免疫力の低下などさまざまな症状が引き起こされる。腸内の常在細菌には免疫力を高める働きもあることが明らかになってきており、腸内の有害細菌の繁殖に対して治療目的で健康な人の便を移植する便微生物移植なども行われるようになっている。
日頃の食生活が非常に大切です。

 

腸内フローラ

投稿者: 狛江外科胃腸科医院

2018.07.19更新

環境省熱中症予防情報を小まめにチェックして外出時にお役立て下さい。

http://www.wbgt.env.go.jp/

投稿者: 狛江外科胃腸科医院

2018.07.08更新

「風邪は寒くなった冬の季節にひくもの」と思っている人もいるかもしれませんが、じつは夏にひく「夏風邪」のほうがよっぽど厄介です。

「夏風邪」の代表的な症候に「ヘルパンギーナ」や「手足口病」「咽頭結膜熱(プール熱)」などがあり、水ぶくれ、赤い発疹、発熱、のどの痛み、結膜充血などが症状として見られます。

そして、ここが重要なのですが、夏風邪の原因となるウイルスを退治する有効な薬はじつはないんです。できることと言えば、安静を保ち、栄養と水分を十分に補給して免疫力を高め、ウイルスが排除されるのを待つことだけ。

夏の暑い期間はじつは免疫力が低下しやすい季節でもあります。クーラーの当たり過ぎや寝苦しい夜による睡眠不足、夏バテによる食欲不振など、体力を消耗して風邪にかかりやすい状態になりがちです。だからこそ、いくらうがいや手洗いを熱心にしても、それだけでは足りなくなってしまうんですね。

 

夏風邪

投稿者: 狛江外科胃腸科医院

2018.07.05更新

本格的な真夏の到来です。

夏に特徴的な感染症を列挙しておきました。

しっかり予防して夏を楽しんで下さいね!

http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f70259/p1037385.html

 

て

投稿者: 狛江外科胃腸科医院

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

  • Doctors File ドクターズファイル 当クリニックが掲載されています
  • Facebook オフィシャルページ
  • 医院ブログ

気になる症状がございましたらご相談ください

お身体の不調について少しでも気になることがありましたら、お気軽にお越しください。

03-3480-1550 診療時間 9:00~12:00/16:00~18:00

bnr_tel.png

03-3480-1550