消化器内科

当院の消化器内科

当院では、胃や腸の不調から肝臓・胆のう・すい臓の疾患まで、消化器全般の診察・治療・検査を承っております。
「おかしいな」と思ったら、すみやかに当院までご相談ください。

こんな症状ありませんか?

胸やけがする
みぞおちのあたりが痛い
黄疸を伴う腹痛がある
食後に背中から肩にかけて痛くなる
食欲不振
便秘・下痢
血の混じった便や黒いタール状の便が出る

など

こんな病気が考えられます

逆流性食道炎
機能性ディスペプシア
ピロリ菌
胃潰瘍
急性膵炎・慢性膵炎
胆石症・胆のう炎
炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病、虚血性大腸炎、感染性大腸炎、薬剤性大腸炎)
過敏性腸症候群(IBS)

など

機能性ディスペプシア(FD)とは

機能性ディスペプシアとは、内視鏡検査などでは特に異常は見つからないものの、胃腸にさまざまな症状が現れる病気です。

主な症状としては、「食後のつらい胃もたれ」「あまり食べていないのにすぐにお腹がいっぱいになる」「みぞおちが痛くなる」「みぞおちが焼ける感じ」などがあげられます。

機能性ディスペプシアが起こる原因は、胃の食べ物をためる機能(適応性弛緩)や消化した食べ物を十二指腸に送る機能(胃排出能)の低下、胃の知覚過敏などが考えられますが、不安やストレスのほか、睡眠・食事などの生活習慣の乱れやピロリ菌なども関係しているとされています。

基本的な機能性ディスペプシアの治療法は、生活指導と内服薬を併用するかたちを取っております。

生活指導

食事や運動などをメインに指導を行います。
暴飲暴食・高脂肪食・過度なアルコール摂取や喫煙・不規則な食生活を可能な限り控えるように指導させていただいております。また、過労や睡眠不足などを避けることも重要です。

薬物療法

  • ピロリ菌除菌
  • 漢方薬:六君子湯など
  • 酸分泌抑制薬:ガスターなどのH2ブロッカーなど
  • 消化管運動改善薬:アコファイド、ガスモチンなど
  • 抗うつ薬、抗不安薬

以上の薬物をご本人の症状にあわせ、組み合わせて処方を行なっていきます。

検査方法

内視鏡検査のほか、超音波エコー検査や血液検査を行います。

治療法

当院では、漢方治療を積極的に行なっております。特に機能性ディスペプシアの場合は、ストレスなど心理的なものが原因となっていることがありますので、漢方をおすすめしています。

六君子湯をはじめ、症状に合わせた漢方薬を処方しておりますので、ご興味のある方は当院スタッフにお声がけください。

当院の特徴

当院では、血液検査のために炎症を表す所見(CRB)がわかる機械を導入しておりますので、採血後すぐに検査結果をお知らせできます。

ピロリ菌検査については、当院では3次除菌まで行っております。

除菌後には尿素呼気試験を行い、検査結果をすぐにお知らせできるようになっています。

患者さんの負担が少なくなるよう、お薬はほぼすべて院内処方にしておりますので、お会計の際にお薬を受け取ることができます。

院長からのアドバイス

よく見られるような症状の中にも、重大な病気が潜んでいることがあります。「大したことはない」と考えず、早めにご受診いただくことをおすすめします。

「日頃から便秘がちで、便が詰まってなかなか出ない」という方には、看護師が指で便を掻き出す「摘便」も行っております。便が出なくてお困りの方は、お気軽にご相談ください。

  • Doctors File ドクターズファイル 当クリニックが掲載されています
  • Facebook オフィシャルページ
  • 医院ブログ

気になる症状がございましたらご相談ください

お身体の不調について少しでも気になることがありましたら、お気軽にお越しください。

03-3480-1550 診療時間 9:00~12:00/16:00~18:00

bnr_tel.png

03-3480-1550