炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)

当院は、東京都の「難病指定医療機関」及び「難病指定医」です。
クローン病、潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患(IBD)多数の指定難病の患者様を受け入れ、診療することができる医療機関です。

IBD(炎症性腸疾患)

IBDとは、炎症性腸疾患(えんしょうせいちょうしっかん)のことで、主に大腸や小腸といった消化管の粘膜に炎症・潰瘍をおこす慢性疾患の総称です。

IBDには、大きく潰瘍性大腸炎とクローン病の2種があり、それぞれまったく別の疾患ですが、どちらも原因不明の難病で専門的な治療が必要です。
日本人のIBD患者数は年々増加しており、今後より増えていくことが予想されています。

潰瘍性大腸炎とは

潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜にびらん(ただれ)や潰瘍などの炎症が生じ、下痢・軟便・血便・腹痛などが繰り返し起こる病気です。症状が悪化すると、体重減少や発熱などの全身症状が起こることもあります。
比較的若い層(男性20~24歳、女性25~29歳)に多く見られ、男女比は半々くらいです。
原因は明白には解明されておりません。

 

クローン病とは

クローン病は、小腸や大腸などの腸管壁に炎症や潰瘍などができる、慢性の炎症性疾患です。クローン病の発症する年齢も若年層(男性20~24歳、女性15~20歳)が多く、男女比は2:1で、男性に多く見られます。

主な自覚症状として、腹部全体の痛み・下痢・血便があげられます。発熱したり消化吸収能力が落ちたりすると、体重の減少なども起こります。長期間にわたって、良い状態と悪い状態を繰り返し、症状が徐々に進行します。

検査方法

内視鏡検査を行い、組織を採取して診断します。

助成金対象疾患となります。

助成金とは特定疾患(昔の難病の事)に対して治療費の一部を国が負担してくれます。その助成金には難病指定医の診断書が必要となります。

当院ではその診断書の作成から申請、治療までを全部当院で済ませる事が可能です。
患者さんにとってもメリットがあります。

漢方治療

一般的に潰瘍性大腸炎やクローン病には漢方薬は使用しないドクターがいいですが、当院は漢方薬を併用しながらよい治療成績を得ております。
他でなかなか治療困難の患者さんは一度ご来院下さい。

  • Doctors File ドクターズファイル 当クリニックが掲載されています
  • Facebook オフィシャルページ
  • 医院ブログ

気になる症状がございましたらご相談ください

お身体の不調について少しでも気になることがありましたら、お気軽にお越しください。

03-3480-1550 診療時間 9:00~12:00/16:00~18:00

bnr_tel.png

03-3480-1550