医院ブログ

2018.04.27更新

大腸がんは早期発見早期治療が大原則となっております。

図で示します様に粘膜内もしくは粘膜下層にとどまる癌であれば内視鏡的に切除が可能ですが、それ以上深く進行すると多臓器への転移の可能性があるため、外科的な治療となる場合があります。

便潜血反応陽性だけではどうしも見逃しとなり場合も考慮される為、一番確実な大腸内視鏡が最適だと思われます。

図の様な線腫内がんなら内視鏡的加療が可能です。

無症状でも、早めの受診、早めの検査を心掛けましょう!

大腸がん

投稿者: 狛江外科胃腸科医院

2018.04.22更新

真夏の様な日差しが降り注ぐ晴天の日曜日となりましたね!
野外でスポーツや活動をする際は水分補給を忘れずにお過ごしくださいね!

塩分も、、お忘れなく、、

 

そら

投稿者: 狛江外科胃腸科医院

2018.04.17更新

お尻の痔のお悩みの方は多いと思われます。

痔の治療は

①軟膏などの外用薬による治療

②結紮切除術と言うメスで切除

①②の方法が従来の治療法でしたが、最近はジオンと言う痔を切らずに注射で治す方法があります。

メスで切らないので術後痛くありません。原則日帰り手術で翌日よりいつも通りの生活が出来ます。

この方法をジオン硬化療法もしくはATLAといいます。

当院の痔疾患の治療はこのジオン硬化療法を治療の中心としてます。

尚、非常に評判のいい治療方法なんで、予約が10月までいっぱいです。

お悩みの患者がいらっしゃいましたら、院長外来までご相談下さい。

 

じおん

 

 

投稿者: 狛江外科胃腸科医院

2018.04.15更新

我が家風 春の季節の野菜とは、、のびる!

近所、野原、道路脇、至るところに自生している、、。

我が家では、オリーブオイルで軽く炒めて塩味でいただくのが楽しみ。

ビールのつまみに最高です。

お試しください。 GWまでなら十分に楽しめます。

 

のびるのびる 根

投稿者: 狛江外科胃腸科医院

2018.04.13更新

日増しに気温が上昇し昨日は25度越えの夏日となりましたね。

しかし、こんな気温でもインフルエンザの患者さんが来院されました。

しかもA型インフルエンザ陽性です。

一般的にあA型は流行型 B型は非流行型と言われております。

風邪かなと思ったら自己診断自己治療はせずに医療機関へ受診いたしましょう!

 

インフルエンザ流行

投稿者: 狛江外科胃腸科医院

2018.04.11更新

昼間の気温も過ごしやすい季節となってきましたね!

気温が上がると心配なのが食あたりなどの下痢症状。

下痢に漢方薬? となんか効き目が無さそうですが、下痢こそ漢方薬の出番なのです。

下痢に有効な代表的な漢方薬は

①半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ):ウイルス性腸炎にはこれが第一選択

      半夏瀉心湯

②小建中湯(ショウケンチュウトウ):子供の下痢にはこれ! 整腸作用の水飴が入っている為、

                  甘くて美味しいので、子供でのイヤイヤなく飲めます。

      小建中湯

③五苓散(ゴレイサン):心臓疾患や腎疾患の患者さんにはこれ! 水のバランスだけコントロールして

            くれますので、脱水にならず安心です。

      五苓散

画像をアップしておきますので、参考にしてくださいね!

しかし、下痢の時は水分補給も忘れずに、塩分の入ったスポーツ飲料がお勧めです。

 

 

投稿者: 狛江外科胃腸科医院

2018.04.10更新

ニュースで話題になった相撲土俵上でくも膜下出血で倒れた方、看護師が心肺蘇生を行ってましたね。

女性は土俵に上がる上がらないは、人命を第一に考えてもらいたいです。

で、本題の心肺蘇生方法は?

突然目の前に人が倒れら、、、どうしますか?

昔は緊急時のABCと習いました。

Aはairwayの気道確保、あごを挙げる様にして気道を確保する

Bはbreathingの呼吸、口から空気を送り込みます 

Cはcirculationで循環、これが心臓の拍動を促す事、これが心臓マッサージです。

心マッサージについて なんとなく心臓は左の胸にありそうですが、実は心臓は中心よりにあります。

なので心マッサージを行う場合は 胸の中心部、胸骨を押す様と有効なマッサージになります。

マンガを添付しておきますので、ご参考にしてくださいね。心臓マッサージ

投稿者: 狛江外科胃腸科医院

2018.04.07更新

今日の東京は風が強い!

娘のテニスの試合で有明まで出掛けたが、強風でサーブが流れる。

風を利用してサーブするには腕がなく四苦八苦していました。

 

春の強風と言えばPM2.5が話題になりますね!

飛散状況を確認してマスクで予防して下さいね!

PM2.5飛散状況

投稿者: 狛江外科胃腸科医院

2018.04.05更新

スギ花粉症の季節からヒノキ花粉症の季節に変わりつつあるGWまではスギもヒノキも両方にアレルギー症状がある患者さんは辛い季節ですが、鼻詰まりと鼻水が著名な方には漢方薬の小青竜湯がお勧めです。

比較的即効性がありステロイドより副作用少ない為、安心して服用出来ます。

漢方専門外来である当院でも処方しております。

ご希望の方は院長までご相談下さい。小青竜湯

投稿者: 狛江外科胃腸科医院

2018.04.03更新

4月に入りましたが、連日の夏日ですね!
日中は脱水に注意して下さい。

水分補給を忘れずに

 

 

投稿者: 狛江外科胃腸科医院

前へ 前へ
  • Doctors File ドクターズファイル 当クリニックが掲載されています
  • Facebook オフィシャルページ
  • 医院ブログ

気になる症状がございましたらご相談ください

お身体の不調について少しでも気になることがありましたら、お気軽にお越しください。

03-3480-1550 診療時間 9:00~12:00/16:00~18:00

bnr_tel.png

03-3480-1550